最寄りのお寺でペット火葬を依頼する方法

最寄りのお寺でペット火葬を依頼する方法

イヌやネコは今では、ペットではなく家族同様だと考える方が大勢いらっしゃいます。
2019年に総務省が調査をしたところ、国内では約7000万件以上もの家庭で何かしらの動物を飼育していることが明らかとなりました。
そして室内飼いを基本としており、大切にされていることがわかります。
人間よりも遥かに短い寿命であるため、必ず最後を看取る必要もあります。
その際はペット火葬を依頼して、丁重に弔いを実施しましょう。
2000年頃から国内では数多くのペット火葬専門会社が誕生していますが、それ以外でも最寄りのお寺でペット火葬を依頼する事が可能です。
以前は人間とは別々の供養をするのが基本とされてきましたが、現在では同じ命であるという考えが仏教でも浸透をしています。
ペット火葬の場合も人間と同じで、ご家族が立ち会って僧侶の供養を実施するものです。
料金は寺院によって異なりますが、相場としては約1万円から2万円で、個別と合葬にわけられます。

目的を満たせるペット火葬の業者を探すことが重要

ペット火葬のサービスを利用する場合には、自分達の目的を達成することができるサービスを提供しているかどうかという点が非常に重要です。
そもそも、ペット火葬は1種類のサービスだけを提供しているわけではありません。
様々な形で顧客の要望に応えることができるように工夫をしていますので、まずはその条件に合致しているかを確認する必要があります。
例えば、個別具体的にペット火葬を行ってもらいたいと考えている場合には、火葬場があったり家族で葬儀を行うことができるような施設が整っている必要があります。
一方で、他のペットと同じように合同で火葬をしてもらいたいと考えている場合にはこれを行うことができる準備が必要です。
実際に、人間と同じように永代供養のような形でまとめて火葬してもらえるようなサービスも存在します。
全ての人が、お墓を作って霊園で参拝できるわけではないからです。
このような顧客の目的に応じた最善のサービスを提供している業者が多いので、まずはこれらを比較することが重要です。

著者:小西大樹

筆者プロフィール

静岡県静岡市生まれ。