大切な家族だったペットを心を込めて送り出したい!ペット火葬にまつわるお悩みを解決!

こちらのサイトは、ペットブームからもペットのお葬式について様々な悩みに解決できるコンテンツを用意しました。
ペットは家族の一員などのように考える人が多くなっているわけですが、大切なペットが死んでしまうと悲しみに包まれてしまう、しかし大切な動物だからこそ心を込めて送り出したいものです。
ここでは、ペット火葬に着目してお寺で執り行うやり方や火葬ができる寺院の探し方のコツ、ペットショップを使うと提携している火葬業者を紹介して貰えるなど役立つ情報も用意しています。

大切な家族だったペットを心を込めて送り出したい!ペット火葬にまつわるお悩みを解決!

ペット火葬は、ペットブームから注目を集めているペットのお葬式です。
ペットブーム=家族の一員といった考え方を持つ人が多いので、大切にしていた動物たちが亡くなれば人間と同じように葬儀・火葬・埋葬を考える人も多いといえます。
そのため、ペット火葬を行う業者も多くなっているわけです。
一口にペット火葬業者といっても良し悪しがあるので、それぞれをしっかり比較することが大切です。
口コミ評判などを使うことでペット火葬にまつわる悩みを解決できることもありますので、参考にされると良いのではないでしょうか。

人間の場合と違う?ペット火葬が完了するまでにかかる時間

人は亡くなった際に最後のお別れとして通夜と告別式などの葬儀を執り行いますが、その後は火葬を行い納骨という流れになります。
最近では家族同様に生活していたペットが亡くなった際に、人と同じようにペット火葬を希望する飼い主も多いです。
実際に同じ火葬ではありますが、ペット火葬と人の火葬とではかかる時間に違いがあるのでその点も把握しておく事がポイントとなります。
まず人の場合は男女の差や年齢の差によって多少の誤差は生じますが、平均すると60分前後になります。
ペットの場合は個体の大きさによって、火葬を行う長さは大きく違いがあるのが特徴です。
小動物であれば30分から50分程度かかり、小型犬や中型犬の個体になると60分から90分前後を有する事も多くなります。
大型犬になれば120分以上かかる事もあり、これは個体の大きさになって遺骨になるまで差があること事が理由です。
小動物を大型犬と同じ長さで火葬すると、骨が残らないといった事になるので完了までの時間は調整されます。

体重が軽くサイズもコンパクトな小動物のペット火葬

大切な家族の一員として考えているケースも増えており、小動物などのコンパクトなペットが亡くなってしまった時、ペット火葬を選択する家族が多いです。
それに対してペット火葬に対応している業者も増えているので、比較的簡単に見つけることができます。
この時に気を付けないといけないのは、ペット火葬を頼める葬儀業者でもどのような小動物に対応しているのか違っているという部分です。
犬や猫などの一般的なペットなら特に問題ありませんが珍しい種類の場合、対応してもらえない恐れがあるので確認しないといけません。
どの種類に対応しているのか電話やメールなどで問い合わせをすれば、丁寧に教えてもらえます。
問題なかった場合は費用などを比較した上で、そのまま依頼しても全然問題はないです。
残念ながら依頼することができなかった時は、別の業者を探すことが求められてきます。
根気強く探していくことで、珍しい種類でもペット火葬を依頼できる業者を見つけられます。

珍しい爬虫類のペット火葬での取扱

ペットを飼育している家庭はとても多く、亡くなった際は家族としてペット火葬を利用して供養を希望する場合が多いです。
実際にペット専用の霊園や斎場なども多く営業しているので、プランを選んで納得できる供養方法を選ぶ事が出来ます。
実際にペットとして多いのは犬や猫ですが、最近では鳥類や爬虫類といったペットの火葬を希望する飼い主も増えてきています。
実際にペット火葬を行う事も出来ますが、重要になってくるのが爬虫類の取扱です。
個体の大きさにも差はありますが、哺乳類とは異なるという事を把握して火葬を行う事が必要になります。
そのため利用するペット火葬の業者を選ぶ際は、専門的な知識をもって火葬を行ってくれる所を選ぶという点です。
収骨などを希望する場合は特に骨の構造なども含めて、専門的な知識がある業者であれば納得できる火葬を行う事が出来ます。
実際に業者にも取り扱っている動物の種類など案内があるので、利用前にはしっかり判断して選ぶ事が重要です。

低コストで利用できる自治体のペット火葬

ペット火葬には、他のペットと同時に火葬する合同葬やお見送り出棺・火葬・お骨上げ・納骨までが含まれた立会葬、丁重にペットを弔いものの葬儀の時間が取れない時間的な余裕がない人に最適な個別一任葬、そして自宅周辺まで火葬車が出張してくれる訪問火葬などの種類があります。
合同葬の中には自治体が窓口になっているペット火葬もあるのですが、大半の場合が有料ゴミ扱いになることからも遺骨の返却が行われないケースが多いようです。
ただ、そのような自治体の中には、動物用焼却炉が用意されていてそこで火葬が個別に行われたり、個別火葬により遺骨の返却が行われるところもありますし、ペット霊園を提携を結んでいる団体などでは費用的にはアップするけれども個別での火葬式ができるメリットもあります。
なお、動物専用の焼却炉を用意している火葬場などでも、ペット霊園やペット葬儀社が行うペット火葬と比べても費用が抑えられているので低コストで活用したい人などおすすめです。

著者:小西大樹

筆者プロフィール

兵庫県神戸市出身。最愛の愛猫を亡くしペット火葬を経験。その時の体験をもとにペット火葬に関する記事をまとめました。
ペット火葬 兵庫